セフレを喜ばせたいなら知っておこう!「中イキ」と「外イキ」の違いとは?

セフレをセックス中に喜ばせ続けることが出来れば、半年から1年程度でマンネリ化してしまう関係を長続きさせることが可能です。

女性が感じる時には、中イキ派と外イキ派がいることが分かっていますが、どちらをセフレ女性が望んでいるのか分かれば喜んで貰えます。

どちらか一方だけのイキ方しか知らない状態では、いつか別の快感を他のセフレに教えてもらえたらすぐに離れてしまうでしょう。

中イキと外イキの違いを知ることは、女性の反応を見るだけでなくコミュニケーションを取りながら探ることで離れられない関係にたどり着きます。

男性にとって自分で快感を具体的に感じることが出来ないからこそ、明確な違いを理解することが重要です。

では、具体的に中イキと外イキではどのような違いがあるのでしょうか。

外イキは瞬間的なイキ方

セフレとして認めてもらえるために行う愛撫の方法として、最初は外イキから始めると良いです。

なぜなら、外イキはオナニーをする女性ならば自分の指またはバイブレーターにより経験済みな女性が多いからです。

セフレ相手となる男性を確保している女性は、セックスに対して前向きで開放的ですから、オナニー回数も多い傾向にあります。

普段自分で行っているオナニーとは異なる男性からの愛撫により外イキ出来れば、セフレとして確保したいと考えてもらえるわけです。

個人差はあるものの、外イキは瞬間的に絶頂に達することが出来るので、繰り返し短時間で外イキを何度も行える女性が少なくありません。

クリトリスへの外的な刺激で外イキは可能になる

外イキを行う方法は、クリトリスへの適度な刺激を継続して同じリズムで与え続けることにあります。

女性にとってのクリトリスは、男性の亀頭に相当する部分となるので、亀頭サイズがクリトリスサイズまで圧縮されたとイメージすれば分かりやすいです。

強すぎる刺激は痛いだけですから、弱い刺激を小刻みに継続して一定のリズムで行うことで外イキしやすくなります。

バイブレーターやローターで外イキ出来る女性が多いことは、リズムが一定かつ自分で当てる強度を調整出来るからです。

瞬間的に達することが出来るからこそ手軽

外イキは、クリトリスにセフレ女性が好む刺激を一定リズムで継続して行うことが重要です。

好みの強度やパターンをコミュニケーション力や反応により探り出すことが出来れば、少なくとも外イキさせてくれるセフレとして認識してもらえます。

クリトリスを刺激することで得られるエクスタシーは、瞬間的に登りつめるイメージとなるので、瞬間的に達することが可能です。

繰り返し何度でも外イキ出来るかどうかは、セフレ女性により個人差があるものの、一度経験すれば繰り返しセックスの度に外イキしてもらえます。

中イキは深く持続的なイキ方

中イキは外イキとは異なり、セフレの誰もが経験しているとは限りません。

セフレとなっていた男性の知識レベルと経験による違いにより、女性が単に絶頂に達すれば良いと考えているようではすぐに飽きられてしまうでしょう。

中イキは外イキとは異なり全身で深く継続的に快感を得られるものとして、男性には経験が難しいとされているイキ方です。

外イキは指や舌といった外的な刺激により達することが出来ますが、中イキは指またはペニスにより性感帯を開発することで可能になります。

セフレ女性を中イキさせることが出来れば、外イキと合わせてセックスをするごとに必ずイカせてくれる男性として優先度が上がるはずです。

性欲が強い女性ほどセフレを複数確保している傾向が強いので、外イキだけでなく中イキまで導いてくれるセフレほど評価が高くなります。

膣内のGスポットで感じる

中イキを行うためには、膣内のGスポットと呼ばれる部分へリズミカルな刺激を行う必要があります。

クリトリスとは異なり性感帯開発を行わないと感じない女性も多いので、セフレ女性に中イキしたことがあるか聞いてみると良いでしょう。

膣内のGスポットを性感が高まった状態の時に刺激することで、継続して達することが出来ます。

Gスポットの位置は膣の長さと個人差により多少ズレがあるので、外イキを経験してもらった後で一緒に開発すると良いです。

全身で感じることが出来るから一度味わうと病み付きになる

セフレをイカせる時に中イキが有効な理由として、中イキは全身で持続的に感じる点が挙げられます。

中イキに達した時点で全身が性感帯になった状態に達し、以後は僅かな刺激で中イキを継続して繰り返すわけです。

外イキは瞬間的な絶頂ですから、女性によりエクスタシーを感じた直後は男性の射精後のように賢者モードに切り替わってしまう女性もいます。

しかし、中イキは瞬間的な外イキとは異なり、絶頂に達した後も継続的に快感が持続して全身で感じることが出来ます。

全身で感じ続けるからこそ、中イキを行うとセックス後にセフレ女性はグッタリすることになるわけです。

セフレに対しては外イキと中イキを使い分ける

セフレとのセックスは、互いの性癖を手軽に満たすために行うものですから、女性が求めるイキ方で絶頂へ導いてあげることが重要です。

セックス相手の女性に対してセフレになってもらうためには、まず外イキで快感を感じてもらい中イキまで達してもらえるかチャレンジすることになります。

外イキだけでもセフレになってくれる女性が多いですが、関係を長続きさせたいならば中イキにもチャレンジする必要があります。

外イキと中イキの両方をセフレ女性に感じてもらえたら、次回以降のセックスは会う度にセフレ女性の希望を叶えてあげると良いでしょう。

互いの性欲を満たすためにセックスを行うわけですから、翌日の予定があるから今日は外イキだけで済ませたいといった希望を出せる関係が望ましいです。

中イキを繰り返して何回戦も行っていたら、翌日の仕事に差し支える可能性があるほど、女性にとって中イキは深く持続性があるエクスタシーです。

両方のイキ方を身体に覚えさせる

セフレ女性との関係を長続きさせるためには、外イキの次に中イキをセフレ女性に覚えさせることが重要です。

性欲が強い女性ほど複数のセフレを確保しているので、同じセフレ同士でも優劣を付けて会う順位を決めています。

男性とは異なり女性にとっては、セフレは自分の性欲を満たすために何人でも手軽に作れるものです。

だからこそ、外イキと中イキの両方を体験させてくれるセフレは貴重な存在となります。

特に初めて感じるイキ方をさせてくれたセフレは、長く確保したいと女性に思わせることが可能です。

おねだりさせることが出来ればメロメロ

セックスの最中には、前戯段階から今日のセックスをどのようにしたいかコミュニケーションを取りながら行うことが望ましいです。

焦らしプレイが出来るならば、互いの性感を高めつつセックスを楽しむことが出来ます。

クリトリスで外イキさせて欲しいのか、ペニスでGスポットを刺激して中イキさせて欲しいのかセフレ女性におねだりさせることが出来ればもうメロメロです。

マンネリ化しやすい同じ相手とのセックスであっても、自分の好みのイキ方を実現してくれるセフレは女性にとっても貴重な存在となります。

セフレを複数確保する女性は、自分の性欲に対して正直な傾向があるので、会う度に大胆かつエロさを増してセックスを楽しんでくれるわけです。