セフレと良い関係を築くための方法|会う頻度やオススメのデート方法など

セフレと良い関係を築くための方法|会う頻度やオススメのデート方法など

「セフレってたまに会って好き勝手にセックスできる都合のいい女でしょ?」なんて考えていると、いつまで経っても美味しい思いはできません。

セフレとは文字通り「フレンド」なので、美味しい思いをするためには気を使った方がいいですし、良好な関係を続けるためにはデートだってした方がいいです。

必ずしも彼女に接するのと同じようにする必要はありませんが、すぐに関係が終わってしまう事がないように意識したい事がいくつかあります。

自分の都合でセックスしたいときにだけ連絡をするのではなく、会う頻度を考えてお互いが心も体も気持ちよく過ごせるプランを用意しておきましょう。

セフレは作る事よりも関係を維持する事の方が難しいので、良い関係を築くための方法は覚えておいても損はありません。

セフレと会うのにオススメの頻度は?

セフレと会うのにオススメの頻度は?自分がセックスしたいときにだけ連絡をしているようでは、遅かれ早かれセフレは離れていってしまいます。

しかし恋人でもないのに毎日のように意味もなく連絡をしていては、それはそれで面倒と感じられてしまうので、大切なのはバランスです。

だいたい2~3日に1回程度を目安に連絡をして、そこでのやりとり中から自然な流れで会う予定を決めるのがベターな方法になります。

最初から「次いつ会える?」といった旨の連絡は、たまにならいいですが毎回は止めておきましょう。

日常会話から自然な流れで会う約束に繋げていった方が、好感度が高くスムーズに予定を立てられます。

連絡=会う=セックスと思われる事がないように、セフレの目的や年代・生活状況に配慮して会う頻度を決めていきます。

目的別セフレに会うオススメ頻度

女性がセフレを作る理由は男性に比べて複雑ですが、代表的なものは以下になります。

会う頻度は目安なので相手の気持ちに合わせてあげる事が一番ですが、目的に沿って考える事で良好な関係を維持しやすくなるのは確かです。

女性の方から誘われた場合は、仕事等でどうしても無理な状況でなければできるだけ応じてあげましょう。

・【週1回~】何かしらの理由で恋人関係に抵抗があるけれどセックスは好き
・【2週1回~】夫や彼氏はいるけど精神的に寂しいので分かりやすい体の繋がりを求めている
・【月1回~】仕事や人間関係などでストレスを感じた際の発散相手

年代別セフレに会うオススメ頻度

セフレの年齢が20代の若い子か50代の熟女かによっても、会う頻度は違うものと覚えておきましょう。

男性もそうですが年代によって性欲の強さは変わるので、あまり会う頻度が少なすぎてもセフレ関係の破綻に繋がります。

相手の都合や気持ちを思いやりつつも、セフレ関係を維持するために最も大切なのはやはりセックスです。

・【週1回~】20代
・【週2回~】30代・40代
・【女性次第】50代~

待ち合わせ場所はしっかり決めておく

セフレと良好な関係を維持していくうえで、会う頻度と同じぐらいに大切なのが待ち合わせ場所です。

恋人関係ではない以上どちらかの家に直接行くという形は少ないので、どこかで待ち合わせをしてホテルなり食事へ行く事になります。

家や職場から近すぎると知りあいに見られている可能性があるので、関係を秘密にしたい場合は目立たない場所を選びましょう。

セフレとデートってどこへ行けばいいの?

セフレとデートってどこへ行けばいいの?「セフレだから会うのはホテルの中でだけ」なんて考え方は大きな間違いなので、良好な関係を維持するためたまには2人でデートを楽しみましょう。

その際のデートにかかる費用は割り勘にするか、男性がほぼ全額を負担する事が一般的ですが、無理をする必要はないので相談して決めてOKです。

デートの場所はセフレの意見を尊重して決めて構いませんが、苦手な事がないか先に聞いておいた方がいいです。

苦手な事を知らないと、喜ぶと思って猫カフェに連れて行ったらアレルギー持ちだったなど、思いがけない失敗をするパターンがあります。

行けない場所・苦手な食べ物などを聞いたら、後はデートプランを考えて実行するだけです。

しかし恋人とデートをするのとは若干異なる部分もあるので、プランを間違えないようにしましょう。

基本のデートは食事から

和食・洋食・中華など食事デートはジャンルが豊富なので、事前にセフレの好みを聞いてお店を決めておく事が有効です。

食事デートの際に注意したいのは、車で移動するなら場合アルコールは飲めないという点です。

自分はそれで良くてもセフレがお酒好きなら一緒に飲みたいと思うものなので、その日だけは電車を利用するなど事前に考えておきましょう。

遊園地・動物園・水族館

遊園地・動物園・水族館は恋人同士の基本的なデートスポットですが、実はセフレと行くデート先としても優秀です。

セフレに関しては個人情報の深いところまでをお互いに知らないケースも多いため、目の前に話題がある場所はしたくない話をしないで済みます。

単純に癒されたり盛り上がったりできるので、適切な距離感を保ったままデートを楽しめます。

泊りがけの旅行もアリ

自分から泊まりで旅行に行こうと言う必要はありませんが、行きたいと言われたら可能な限り付き合ってあげる事が大事です。

泊まりで出かけたいというのはそれだけ安心して付き合っている事になるので、一緒に旅行に行く事で良好な関係を維持しやすくなります。

またセフレとの関係がマンネリ気味になっていたら、新鮮なシチュエーションでセックスを楽しめるというメリットもあります。

セフレに嫌われないために気を付けたい事

セフレに嫌われないために気を付けたい事会う頻度やデートに気を使っていれば、そうそう簡単に嫌われる事はありませんが、意外なところで思わぬ地雷を踏む可能性は常にあります。

嫌われないように気を使っていたのに急に別れ話をされるほど情けない話はないので、日頃からできるだけ注意しておく事が必要です。

良好な関係と言うとどうしても相手の事をよく知って、親身になって付き添うものと考えがちですがセフレに関してはそうでもありません。

セフレの年齢や性格にもよりますが、恋人でないという事を忘れずに付き合った方が関係が長続きする傾向があります。

相手の私生活に踏み入らない、自分の私生活にも踏み入れさせないという線引きは明確にした方がいいでしょう。

適切な距離感やバランスが大事になるので、例え心を許しても肝心な部分はぼかしたまま付き合った方が確かです。

余計な詮索はしない

・家族や友達の事は聞かない
・仕事や学校に関する質問はしない
・あきらかに偽名でも気にしない

出会い系などで知り合うと名前すら嘘な事も珍しくありませんが、結婚するわけでもないので余計な詮索はしないのが一番です。

基本的には自分から個人情報に関わる質問をしないようにしていれば、思わぬ地雷を踏む確率はほとんどなくなります。

会う頻度を決めるために唯一質問した方がいいのは「なんでセフレが欲しかったのか」ですが、これもタイミングに気を付けないと危険です。

嫉妬しない

自分にとってセフレが1人だけだからと言って、女性の方もセフレが1人だけとは限りません。

他にも彼氏がいたり家庭を持っていたりする事もあるので、自分を最優先にして欲しいと嫉妬するのは止めておきましょう。

女性から見た自分が「都合よくセックスできる相手」でOKぐらいの、懐の深さと心の余裕を見せれば自然と関係は良好なものになります。

セックスが一番大切

対外的な理由もありますが、セフレに嫌われないために最も大切な事は、何と言ってもセックスの相性です。

ついつい自分勝手に欲望をぶつけたくなってしまいますが、セフレがドMでもない限り独りよがりのセックスは関係の終わりに直結します。

女性はセフレになるきっかけに関係なく充実したセックスを求めているので、肉体的・精神的に満たしてあげられるよう頑張りましょう。

セフレ募集

関連記事

既婚者(妻子持ち)がセフレを作る際に気を付けるべき点|最悪慰謝料問題もあり得る!

既婚者(妻子持ち)がセフレを作る際に気を付けるべき点|最悪慰謝料問題もあり得る!

セックスの際に女性側が冷める「男性の行動」3つ

セックスの際に女性側が冷める「男性の行動」3つ

セフレと縁を切る方法!関係を綺麗に終わらせるために

セフレと縁を切る方法!関係を綺麗に終わらせるために

セックスの際に男性側が冷める「女性の行動」3つ

セックスの際に男性側が冷める「女性の行動」3つ

記念日(誕生日、クリスマスなど)に送るセフレへのプレゼント!何がオススメ?

記念日(誕生日、クリスマスなど)に送るセフレへのプレゼント!何がオススメ?

「セフレ」と「本命」の違いとは?基準はどこ?

「セフレ」と「本命」の違いとは?基準はどこ?

【職場や女友達の中にいるかも】エッチが好きな女性の特徴3つ

【職場や女友達の中にいるかも】エッチが好きな女性の特徴3つ

セフレを好きになってしまった!彼女にする方法について

セフレを好きになってしまった!彼女にする方法について

セフレ関係なのに子供ができた!今後考えなければいけない事は?

セフレ関係なのに子供ができた!今後考えなければいけない事は?