セフレ関係なのに子供ができた!今後考えなければいけない事は?

セフレ関係なのに子供ができた!今後考えなければいけない事は?

気楽な付き合いと割り切って始めたセフレ関係、ちゃんと避妊もしておいたはずなのに、妊娠してしまった時一体どうすれば良いのでしょうか。

残念なことにこういった場合、リスクとデメリットは女性側に来てしまうものです。しっかりと自分の意志で、この先のことを考えなくてはなりません。

また妊娠が発覚した時に、相手の男性がどう出るかでも、その後の行動は変化します。妊娠を告げた時の男性の態度、言葉にも注意を払ってください。

そこからその後の態度を決めて行くことも必要になります。自分の気持だけでなく、総合的に見て後の行動を決めていきましょう。

また男性にも、自分も当事者であることを把握させたいものですね。

こういった場合、女性側が大変な思いをする場合が多いので、今回は女性の立場に立って記事を書きたいと思います。

もとを正せばセフレ関係の場合

もとを正せばセフレ関係の場合セフレという気軽な関係で付き合った場合、とにかく避妊は必須です。恋愛関係ではないのですから、できちゃった婚というわけにも行きません。

子供ができた、じゃあいっそ結婚するか、となってくれればそれで大団円ですが、なかなかそうは行きません。

割り切って始めたセフレ関係でも、時間が経てば何かしらの愛着も出てきてしまいます。しかし子供が出来たの一言で、それも破壊されてしまったりします。

往々にしてこういった場合、男性側の態度は見事に翻ってしまうものです。つまり、関係はここまで、子供のことは自分には責任はない、と言った態度ですね。

女性側としては、こういった場合とにかく身の振り方を決めなくてはなりません。そして少しでも責任を、男性側にも自覚させなくてはなりません。

男性側はどう考えているのか見極めよう

男性側はどう考えているのか見極めようショックも大きいし、パニック状態になることもありますが、まずここで男性側との関係が問題になってきます。

妊娠していて子どもが出来るとわかった場合、男性の反応は大きく分けて2つです。つまり、生んで欲しいと言うか、そっちが決めれっばいいというものです。

非常に、手前勝手なものですが、実際に妊娠していてこの先どうなるのか不安なのは、自分たちではないから言えることですね。

このどちらに出るかが、男性の度量を測る重要なポイントになります。

特にセフレ関係の場合、割り切った関係だからと逃げられることが多いので、まずこの時点でしっかりと釘を刺しておきましょう。

男性にも責任のあることだと、きっちりと話しておくことが大事です。

子どもを生んで欲しいと言われた場合

結婚かどうかは置いておいても、出来た子どもは育てていきたいと言う場合、まだ女性側にも男性側にも救いはあります。

ただこの場合も、その後の男性の出方は様々です。結局子どもを押し付けて、逃げてしまう男性もいるので、注意が必要ですね。

ならば結婚しよう、と言うところまで言える男性なら、まあ安心していいかもしれません。

子どもは堕ろしてくれもしくは逃亡

できてしまったと言った時に、セフレの関係でそんな事言われてもとか、本当に自分の子なのとか、簡単に言ってくる男性もいます。

まあそんな場合、その後に続くのが、堕ろしてきてよなのは言うまでもありません。

女性側から見れば卑怯極まりない態度ですし、セフレとしても要注意人物なので、その後の付き合いは切ったほうが良いタイプですね。

では女性はこの後どう対処していけばいいのか

では女性はこの後どう対処していけばいいのかさて女性側は、何しろ子どもがお腹にいる状態です。まだ実感がなくても、日が経てば生まれてくるのは事実です。

とにかく自分の気持をここではっきりさせなくてはなりません。端的に言えば、産むか産まないか、です。

残念ながら産まないことを決めなくてはいけない場合、この決定は早くしなくてはなりません。自分の身体のためにも、決心は早めにする必要があります。

とにかくこの二択を、最初に決めていかなくてはならないのです。

これに関しては男性側は、生んでくれ、と言った場合はともかく、それ以外ではまず役に立ちません。切り捨てて考えることが必要です。

生むと決めた場合は

出来てしまった子どもに罪はありません。罪があるのは、セフレ関係で子どもを作ってしまった2人です。

そういった面から考えても、小さな命を捨てることは出来ない、生むしか無いと決意することもあるでしょう。

この場合、まず男性側の態度をしっかりと把握しましょう。生むのは勝手だけど自分は関与しない、と言った態度ならある意味問題ありません。

未婚のシングルマザーとして生きることを、覚悟すればいいだけのことです。

中途半端に、どうしようとかできれば結婚したほうがとか、言葉だけであれこれ言ってくる男性は、まず当てになりません。

育てるのは無理堕ろすしか無い

正直こちらのほうが、多いケースです。実際のところ、セフレ関係を作る男女の場合、ある程度社会的地位もあり、しかも年齢もそれなりなものです。

そこにいきなり子どもが出来たら、仕事にもプライベートにも問題が起きてくることが多数です。

有職者にしろ不倫関係にしろ、子供の存在がどうにも許されないというケースは、当人たちの充分に把握することでもあります。

しかしそれを破ってしまった、何が起きたのか気がついたら子どもが、と言う場合もあります。

泣く泣く堕ろす、もしくは割り切って堕ろすという決断は、仕方ないのかもしれません。

子どもをどうするか決めたらその後

子どもをどうするか決めたらその後さて子どもを生むか生まないか決めた場合、その後やらなくてはいけないこともあります。

実際の問題として、色々とその後やら無くてはならない問題が山積みです。生む、では産み月まで待機、というわけには行かないのです。

生まないと決めた場合も、病院探しなどしなくてはならないことが多くあります。

またどちらにしても、有職者ならその間の仕事をどうするか、会社にどう言って休みを申請するかなどということもあります。

もしこのセフレ関係が、いわゆる不倫関係だった場合は、重要な人間関係にヒビを入れないようにする必要もあります。

これらを回避するためには、内密に行動することも必須になってきます。

子どもを生んで育てると決意したら

出来た子どもを堕ろすことは出来ない、生んで育てると決意した場合、2つのルートがあります。1つは男性側が認知、もしくは結婚に同意した場合です。

この場合は問題はありません。できちゃった婚の気恥ずかしさはありますが、結婚ルートに一直線です。

しかしシングルマザーになるケースの場合、もしくはなるしかない場合ですが、まずはセフレ相手の男性との関係を切りましょう。

中途半端にその後口出しされたり、妙な未練を引きずらないためにも。関係は精算するのがおすすめです。

こういった場合もし、その後また子どもが出来たら、男性は同じ行動に出ます。つまりセフレの関係は続けるけど、子どもはそっちが育てればいいと言う、無責任な態度です。

一度あることは二度あるとも言います。シングルマザーになると決めたら、本当にシングルになる方が後々のためになるでしょう。

できれば子供の養育費くらいは負わせたいものですが、中途半端に口出しされるより縁を切ったほうが、その後の生活に支障がありません。

子どもを堕ろすことを決めたら

どうにも逃げ場がなく、子どもを堕ろすことになった場合は、最低の責任はとってもらいましょう。

つまり、そのための病院探しと手術の立会い、支払いです。この3つを条件として、堕ろすことに同意するのがおすすめです。

男性は妊娠の可能性がないだけ、この手のことには鈍感です。なので何度でも同じことも繰り返します。

せめてもの戒めとして、子どもを生むのも堕ろすのも、非常にリスクが高く体力気力を削るということ、一端でも見せておきたいものですね。

もし自分の子供かどうかわからないなどと言われたら、DNA検査に持ち込む程度の強気で応対しましょう。

子供のことも勿論ですが、男性の無理解無神経を少しでもここで戒めておきたいものですね。

セフレ募集

関連記事

既婚者(妻子持ち)がセフレを作る際に気を付けるべき点|最悪慰謝料問題もあり得る!

既婚者(妻子持ち)がセフレを作る際に気を付けるべき点|最悪慰謝料問題もあり得る!

セフレを好きになってしまった!彼女にする方法について

セフレを好きになってしまった!彼女にする方法について

「セフレ」と「本命」の違いとは?基準はどこ?

「セフレ」と「本命」の違いとは?基準はどこ?

セフレと縁を切る方法!関係を綺麗に終わらせるために

セフレと縁を切る方法!関係を綺麗に終わらせるために

セックスの際に女性側が冷める「男性の行動」3つ

セックスの際に女性側が冷める「男性の行動」3つ

セフレと良い関係を築くための方法|会う頻度やオススメのデート方法など

セフレと良い関係を築くための方法|会う頻度やオススメのデート方法など

セックスの際に男性側が冷める「女性の行動」3つ

セックスの際に男性側が冷める「女性の行動」3つ

記念日(誕生日、クリスマスなど)に送るセフレへのプレゼント!何がオススメ?

記念日(誕生日、クリスマスなど)に送るセフレへのプレゼント!何がオススメ?

【職場や女友達の中にいるかも】エッチが好きな女性の特徴3つ

【職場や女友達の中にいるかも】エッチが好きな女性の特徴3つ