パパ活女子をセフレにするのは難しい!セックスはできてもお金がなくなる

パパ活女子をセフレにするのは難しい!セックスはできてもお金がなくなる

パパ活女子と知り合うことが出来た時に、次にホテルでセックスしてみたいと考えることは男性ならごく自然なことです。

1度セックス出来たからといって、セフレに出来る可能性は限りなく低いことに気づくまで相当な出費が必要になります。

なぜなら、そもそもパパ活女子がなぜ援助交際ではなくパパ活を行っているのか、動機と目的を考えれば明らかだからです。

パパ活女子の中には、いくらお小遣いを渡してもセックス出来ない女性も少なくありません。

セックス出来たパパ活女子ならば、お小遣いなしでもセックスしてくれるセフレに出来ると考えがちな点が問題です。

では、パパ活女子とセフレにはどのような違いがあるのでしょうか。

そもそもセックスを目的としないからこそ、パパ活をしている女性に対してセフレを期待するだけ無駄になりがちです。

パパ活女子はあくまでもお小遣い稼ぎが目的

パパ活女子はあくまでもお小遣い稼ぎが目的パパ活女子の中には、援助交際とパパ活を明確に区別していることが多いです。

援助交際は最初からお金を貰ってセックスをする前提での交際ですが、パパ活とはセックス無しのデートのみを楽しみます。

何度もデートしてくれるパパで繋ぎ止めておきたいために、時折追加のお小遣いを貰ってセックスを行うパパ活女子がいます。

しかし、あくまでもお小遣い稼ぎが目的であって、太パパと呼ばれる金払いが良い男性を繋ぎ止める手段として割り切っているわけです。

風俗嬢が行う色恋営業に騙されたことがある人ならば分かるように、パパ活女子の色恋営業としてセックスをしてもらえただけに過ぎません。

相手の容姿次第でお小遣い増額してもらえればセックスに我慢して付き合う

パパ活女子がデートしてくれるのは、あくまでも若い女性と年齢差をお小遣いの力でカバーして心地良いデートを楽しませるためです。

興味関心が無い中高年男性と若い女性がデートに付き合うためには、対価としてお金を支払う必要があります。

デートのみならば、楽しく食事・ショッピング・トークを楽しむだけで良いので、社会的地位が高い男性相手ならば社会勉強にもなるでしょう。

パパになってくれた男性の容姿が拒絶するほどで無ければ、お小遣いを弾んでくれたらセックスしたくなくても我慢して付き合うことはあります。

1度セックスした女性とは、またデートの延長としてセックスしたくなる男性心理を知っているので、お小遣いを安定して確保するための手段です。

好きでセックスをしているわけではなく、パパ活女子にとっては営業の一環としてお金を受け取ってセックスを我慢して付き合っていることになります。

しつこくセックスを誘われると別のパパに乗り換えられてしまう

セックス自体が好きでパパとホテルデートをしていることは稀であって、多くはパパとの関係が切れないようにするためにセックスを時々入れているに過ぎません。

欲しいブランド品を具体的に思い浮かべながらセックスをすれば、時間が過ぎ去るまで我慢するだとと考えているパパ活女子をセフレに出来ない理由が分かるでしょう。

数回のデートを繰り返したパパを選別する手段として、1度セックスに応じて様子を見るパパ活女子が少なくありません。

何度もしつこくセックスを誘われたから1回だけ応じても、毎回セックスを要求されるようなら次第に会ってもらえる回数が減少します。

なぜなら、しつこく毎回セックスに誘うパパには魅力を感じなくなってしまうので、面倒だからと別のパパに乗り換えられてしまうでしょう。

セックス後に会う回数と頻度が下がった場合には、既に関係を切るパパ候補にされている可能性があります。

プライドが高くお金をせびる女性ほどパパ活に積極的

プライドが高くお金をせびる女性ほどパパ活に積極的パパ活女子となる女性は、援助交際を行う女性とは異なりごく普通の容姿や常識を持ち合わせている傾向があります。

しかし、援助交際と思われることに対して嫌悪感を抱いていることが多く、パパ活の延長として条件付きでセックスをしてもあくまでも営業の一環という考え方です。

パパとのデート時に受け取るお小遣いに対して、ホテルデートを行うと別途手当を要求されることが少なくありません。

金額についても細かく交渉してくる様子があれば、プライドが高いパパ活女子だと判別可能です。

では、パパ活女子にとってセックスを行うことは、どのような意味を持つのでしょうか。

少なくともパパとのセックスにハマってしまうパパ活女子は、現実的にほとんどいないことを知っておく必要があります。

プライドが高いからセックス時にはお小遣いをもらえて当然と思っている

プライドが高いパパ活女子ほど、セックスに誘っても何度も断られた上で、数回デートを繰り返してから追加料金でようやく1回だけ応じてくれます。

セックスを行った次の回からデート時に毎回ホテルへ誘おうとすると、様々な理由をつけて毎回はセックスしない状況に誘導されるはずです。

なぜなら、パパにせがまれて毎回セックスに応じてしまうと、セックス時に追加でもらえるお小遣いアップが無くなりかねないからです。

セックス前までは、毎回もらえるデート時のお小遣いがアップしていても、セックス無しの回には単価アップが望めなくなります。

男性側からは、セックス出来ないなら最低限のお小遣いで良いと考えますが、パパ活女子のプライドを傷つけるキッカケとなりやすいです。

愛人には出来てもセフレにパパ活女子は向かない

愛人には出来てもセフレにパパ活女子は向かないパパ活女子は、デートをするだけで当然にお小遣いがパパから毎回もらえるという考え方をしています。

セックス無しでもお小遣いをしっかり貰えるからこそ、セックスまで行ったら追加で手当てを貰えることは当たり前という方針です。

パパ活女子と考え方が似ている存在として、愛人が挙げられます。男性から手当てを毎月受け取ってパパと会った時にセックス有りきで食事やショッピングまで楽しみます。

パパ活女子は、愛人のセックス無しバージョンと考えると分かりやすいです。

セックス無しでもデートだけで成立してしまうからこそ、セックスを行う時に追加料金が発生しない関係は考えられないわけです。

お金のために我慢してセックスしているだけ

パパ活女子がセックスを行う理由は、セックスをしてもお金がいくら貰えたらこのパパとならセックスしても良いという値踏みに適ったからです。

いくら積まれてもデートまでと決めているパパも現実には存在するので、同じパパ活女子にとってセックスまで出来るパパは一部に過ぎません。

お金を追加で貰えるからこそ、好きでも無い年齢が離れた年上男性とセックスしているので、素人系風俗嬢と考え方が変わりません。

個人営業を行っている素人系風俗嬢が、パパ活女子として活躍していることもあるくらいです。

パパ活女子とのセックスは風俗嬢よりもお金が掛かる

パパ活女子とセックスが出来たとしても、毎回かかるお金を計算すれば風俗嬢よりも遥かに高額なお小遣いを与えていることに気づきます。

実際にパパとなる男性が性欲のために理性を失っている間に、デート代としてお小遣いや買い物でお金を使っている状態です。

加えて数回に1回だけセックス出来たとしても、追加料金が掛かるので1回のセックスあたりの単価を考えるといかに割高か分かるでしょう。

パパ活女子ならば、ごく普通の若い女性とセックス出来ることに喜びを覚えても、現実的にはパパ活女子に踊らされていることに気がつく必要があります。

セフレになってくれる女性は、セックスが好きで会うたびに必ず気に入った男性とセックスしたいと考えている女性に限定されます。

パパ活女子が、いかにセフレからは遠く愛人に近い存在か分かります。

関連記事

記念日(誕生日、クリスマスなど)に送るセフレへのプレゼント!何がオススメ?

記念日(誕生日、クリスマスなど)に送るセフレへのプレゼント!何がオススメ?

元カノをセフレにする際に気を付けるべきポイント

元カノをセフレにする際に気を付けるべきポイント

セフレ関係なのに子供ができた!今後考えなければいけない事は?

セフレ関係なのに子供ができた!今後考えなければいけない事は?

「セフレ」と「本命」の違いとは?基準はどこ?

「セフレ」と「本命」の違いとは?基準はどこ?

男性が思う「セフレにしたい女性」と「恋人にしたい女性」の違いとは?

男性が思う「セフレにしたい女性」と「恋人にしたい女性」の違いとは?

神待ち・家出少女をセフレにするのは止めておけ!デメリットだらけです!

神待ち・家出少女をセフレにするのは止めておけ!デメリットだらけです!

セフレと良い関係を築くための方法|会う頻度やオススメのデート方法など

セフレと良い関係を築くための方法|会う頻度やオススメのデート方法など

「セフレ」と「風俗」どっちが良いの?それぞれの具体的なメリット・デメリット

「セフレ」と「風俗」どっちが良いの?それぞれの具体的なメリット・デメリット

セフレと縁を切る方法!関係を綺麗に終わらせるために

セフレと縁を切る方法!関係を綺麗に終わらせるために

既婚者(妻子持ち)がセフレを作る際に気を付けるべき点|最悪慰謝料問題もあり得る!

既婚者(妻子持ち)がセフレを作る際に気を付けるべき点|最悪慰謝料問題もあり得る!