元カノをセフレにする際に気を付けるべきポイント

元カノをセフレにする際に気を付けるべきポイント

セフレが欲しいと考えた時には、かつて交際経験がある元カノを候補に入れると良いです。

なぜなら、全く見ず知らずの女性を出会い系サイトで見つけようとすると、お金が掛かるだけでなく何度も失敗を繰り返すことになるからです。

一方、元カノならば既に過去にはセックスを繰り返し行ってきた事実があり、別れたキッカケが何であれ過去の記憶は時間と共に美化される傾向があります。

別れた原因が別の異性と複数人付き合うことにより、解消されているケースも多いので、元カノならば懐かしさと寂しさからセックスまでのハードルが低くなるわけです。

しかし、過去に別れた経験があるからこそ、互いにいつ衝突してしまうかもしれないという問題も抱えており、セフレにする際には注意無ければならないポイントがあります。

元カノとセフレになりやすいパターンがある

元カノとセフレになりやすいパターンがあるかつては真剣交際をしていたからこそ、元カノならば互いのことを知り尽くしていることになります。

別れてからの期間が長いほど、過去の喧嘩や別れた原因について美化される傾向にあるので、再会した時に笑い話で済ませることが出来るわけです。

男性にとっては過去にセックスした相手のことは、あまり覚えていないことが多いですが、女性は余程のヤリマンでも無い限り元カレとのセックスは印象が強くなります。

交際歴を辿った時に、元カノが元カレとのセックスを思い出してもう一度体感したくなったならば、元カノの方から積極的にアプローチしてくるでしょう。

別れた原因の美化に成功すれば、現在満たされていない状態なほど再度セックスを行うハードルは下がります。

久しぶりにセックスを行った時に、他の男性よりもセックスが馴染むと感じてもらえれば、元カノとセフレになるキッカケになりやすいです。

元カノが元カレに対して未練がある場合は成功しやすい

全ての元カノがセフレ相手として適しているわけではなく、一定の条件に当てはまる元カノのみセフレとしての脈があります。

なぜなら、男性よりも女性の方が恋愛関係はドライに出来ているので、未練を残さずにキッパリ気持ちを切り替える女性が少なくないからです。

元カノがセフレ候補となるためには、元カノ側に未練があって再会した時に会話が自然と成り立ち距離感が近ければ可能性が高くなります。

ボディータッチが多く自分のテリトリー内に入ってきた異性に対して、心地よさを感じてもらえる状態ならば、セフレになってもらいやすいです。

再会した時に交際時のデートコースをなぞってみると、反応である程度予想がつきます。

メンヘラ女性ほど寂しさからセフレになりやすい

メンヘラ傾向が強い女性は、過去の思い出を強く意識する傾向があるので、彼女として付き合っている頃には重すぎると感じてもセフレなら適度な距離感が保てます。

元カノだからこそメンヘラスイッチが入るタイミングが分かっているので、最初からメンヘラ度合いをコントロールすることが重要です。

元カノが複数いる場合には、メンヘラ傾向が思い浮かぶ女性からアプローチすると、思いの外早くセフレが見つかることが多いです。

1度セックスまでたどり着くことが出来れば、その後はメンヘラならではの思い入れが激しくなるのである程度放置してもついてきます。

寂しさを相談する所から距離感を詰めて行けば、セフレにしやすくなるでしょう。

元カノとセフレになった後で維持することは難しい

元カノとセフレになった後で維持することは難しい元カノとセフレになってからは、会うたびにセックスを行うだけですから、いつもの王道パターンのセックスを期待出来ます。

しかし、かつて繰り返しセックスした仲だからこそ、飽きてマンネリ化する状態も早く訪れるわけです。

元カノとセフレになった関係を1年以上長期間維持するためには、適度な距離感やセックス頻度を工夫する必要があります。

では、元カノとセックスをする際に、どのような関係に注意して臨めば良いのでしょうか。

ヒントは過去の交際時期と会ってからの会話の中に隠れているので、再会後に最初のセックスへ至るまでの過程を思い出すと良いです。

互いに別れた過去があるからこそ、別れる原因やセックスがマンネリ化したキッカケがあるので、初回セックス前の元カノが不満に思っていた点を解消すると良いです。

互いの交際歴やセックス歴を公開してマンネリ化を防ぐ

互いの交際歴は、別れた後にセックスした相手のことまで聞けば、自分が知らないセックスを順にたどることが出来ます。

男女共に双方が過去のセックス相手の特徴とプレイ内容を順に試すだけで、交際時とは異なる刺激となるでしょう。

アプノーマルプレイに即走ると、セフレの関係が変態扱いされて切れてしまうので、互いのセックス遍歴で刺激を与え合う方法が良いです。

セックス頻度を高くしすぎない

セフレとなってから会ってセックスする頻度が週3回以上と高すぎれば、マンネリ化が早く訪れてしまいます。

互いに大人として人生経験とセックス経験を積んでいるならば、学生時代ほど連日セックスに明け暮れなくても済むはずです。

セフレだからといって交際相手並の頻度は、関係が壊れる原因となりやすいです。

元カノとのセフレ関係が解消した後のことを考えておきたい

元カノとのセフレ関係が解消した後元カノとのセフレ関係は永続的に続くわけではなく、半年から数年程度で自然消滅することが多いです。

いかに努力したとしても、生物学的な理由から遺伝的多様性を求めるために、いつかはマンネリ化してしまいます。

そこで、元カノとセフレ関係を解消した後のことを考えておく必要があります。

なぜなら、複数の元カノのうち会社関係で毎日顔を合わせる可能性があると、セフレ関係だったことを会社内でバラされてしまうからです。

セフレ関係を解消する時のことまで考えて、元カノとの初回セックスに臨む必要があります。

何も考えずにセフレ関係が、かつて恋人同士だった時の別れと同じ道を辿ると、元カノに有る事無い事言いふらされるリスクが残ってしまうわけです。

セフレ関係だと公開出来る相手か確認しよう

男女間の交際に関してオープンな会社ならば、別れてからもセフレ関係としてセックスだけはしていると公開することも可能です。

第三者から見た時に、本人同士は気づいていなくてもセフレ関係にある間は、距離感が異様に近くなります。

セフレ関係が解消されてからは、元通りになるので違和感を周囲に与えてしまうわけです。

会社関係や頻繁に会う交友関係に元カノが含まれている場合には、セフレ関係になったら公開できる相手にしておくとセフレ解消後も安心出来ます。

セフレ関係だとバラされて困るならセフレは見送る勇気も必要

恋人関係ならば、身近な友人や会社関係に堂々と公開出来ますが、セフレ関係は認めない堅い社風も少なくありません。

セフレ関係でいる間は互いに楽しくても、いざセフレ関係を解消した後で関係を持っていたとバラされると日常生活に支障が出るでしょう。

元カノが複数いるならば、セフレ関係だと周囲にバレても支障が無い程度の間柄に落ち着いている女性を選べば、セフレ関係になっても問題ないわけです。

元カノだから全ての女性にセフレになってもらおうとアプローチすることは軽率であって、セフレ関係に理解がある女性限定でアプローチする必要があります。

性欲を互いに満たす関係だからこそ、後で遺恨を残さない工夫が求められます。

今日セックスが出来るかも? ガチでセフレが見つかる出会い系サイト

当サイトでは、エッチで積極的な女性が多い出会い系サイトをご紹介しています。

ガチで登録即日でエッチが出来るかもしれない出会い系サイトばかりです!

是非ご覧ください。

セフレを作れる出会い系

関連記事

セフレと良い関係を築くための方法|会う頻度やオススメのデート方法など

セフレと良い関係を築くための方法|会う頻度やオススメのデート方法など

既婚者(妻子持ち)がセフレを作る際に気を付けるべき点|最悪慰謝料問題もあり得る!

既婚者(妻子持ち)がセフレを作る際に気を付けるべき点|最悪慰謝料問題もあり得る!

セフレを作れる人と作れない人の決定的な違いとは?

セフレを作れる人と作れない人の決定的な違いとは?

「ハフレ・キスフレ・ソフレ」それぞれの関係性・違いについて

「ハフレ・キスフレ・ソフレ」それぞれの関係性・違いについて

神待ち・家出少女をセフレにするのは止めておけ!デメリットだらけです!

神待ち・家出少女をセフレにするのは止めておけ!デメリットだらけです!

セフレ関係なのに子供ができた!今後考えなければいけない事は?

セフレ関係なのに子供ができた!今後考えなければいけない事は?

セフレと縁を切る方法!関係を綺麗に終わらせるために

セフレと縁を切る方法!関係を綺麗に終わらせるために

セフレを好きになってしまった!彼女にする方法について

セフレを好きになってしまった!彼女にする方法について

「セフレ」と「本命」の違いとは?基準はどこ?

「セフレ」と「本命」の違いとは?基準はどこ?

セフレの女性に「この人、気があるのかも・・」と勘違いさせてしまう男性の態度とは?

セフレの女性に「この人、気があるのかも・・」と勘違いさせてしまう男性の態度とは?